読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bind9.9.0のインストール

 DNSの構築のためbind9.9.0をインストールした。手順と注意点を書く。

なおOSはcentos5.6であり、bindのインストール作業は/usr/local/srcで行い、opensslの実行ファイルやライブラリは/usr/local/sslにある。

 

まず以下のサイトからbindをダウンロード

 https://www.isc.org/downloadables/11

取ってきたファイルを解凍

 tar xzvf bind-9.9.0.tar.gz

 

以下展開されたディレクトリ内での操作

 ./configure  --enable-threads  --with-openssl=/usr/local/ssl/

オプションは一つ目がマルチスレッド対応にするためのもの、2つ目がopensslのインストールディレクトリを指定している。今回bindをインストールするにあたってopensslの最新バージョンを入れたため、OSとともに元々インストールされていたものではなく新しい方を指定した。opensslのインストールに関してはこちら。

 

しかしここで一度エラーにあった。

opensslのシェアードライブラリが見つからないというエラーだったが、調べた結果ldconfigの設定を追加すればよいことが判明

 /etc/ld.so.conf.d/openssl.conf

というファイルを新たに作成し、以下の文を書いた。

 /usr/local/ssl/lib/

 

これで再び./configureを行うと無事Makefileが生成された。

なのでmake、make installと順に実行しインストール完了。

/usr/local/sbin内にnamedなどが生成されていました。

 

最後に/usr/sbinからシンボリックリンクを張る作業。

これは普通namedなどのファイルは/usr/sbinに存在することが多く、それを想定したプログラムがある場合に不都合が起こるため。以下を実行。

ln -s /usr/local/sbin/named /usr/sbin/named

ln -s /usr/local/sbin/named-checkconf /usr/sbin/named-checkconf

ln -s /usr/local/sbin/named-checkzone /usr/sbin/named-checkzone

ln -s /usr/local/sbin/named-checkzone /usr/sbin/named-compilezone

 

参考にしたサイト

http://www.eis.co.jp/engineers-notes/bind9_src_build

 


プロのための Linuxシステム構築・運用技術 (Software Design plus)

プロのための Linuxシステム構築・運用技術 (Software Design plus)