読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

homebrewの環境を整える

brew doctorでbrewの環境を診断できるというのでやってみるとwarningがいっぱい。
なので調べつつ直してみた。

基本的に参考にしたのはこちらのページ
http://www.moncefbelyamani.com/how-to-install-xcode-homebrew-git-rvm-ruby-on-mac/
順序よく画像付きで解説してくれていたのでわかりやすい

1.gccのupdate
xcodeのpreferenceからCLTをインストールすることで最新のものを入れられる

2. pathの変更
/usr/local/binにあるコマンドを優先的に使うようにpathを修正
export PATH="/usr/local/bin:$PATH"

3. gitのupdate
そもそもbrewを使って入れたものではなかったため、この機会に新しいものをいれることに。
brew install git
を行うとpermission errorでインストールできず。linkしろと出るので指示の通りやってみてもエラー。

調べてみると/usr/localのパーミッションを変更してしまえば良さそう。だいぶ荒業な気がするが。
sudo chown $USER /usr/local

これで無事インストールできました。

4. brew update
頻繁にやりましょう

5. brew doctor
Your system is ready to brew.

これが出れば問題なし

入門UNIXシェルプログラミング―シェルの基礎から学ぶUNIXの世界

入門UNIXシェルプログラミング―シェルの基礎から学ぶUNIXの世界